トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

世界遺産登録記念シンポジウム「世界遺産登録から未来へ〜これからの三内丸山〜」の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!水曜日 午前8時30分/土曜日 午後8時 ほか (8日を除く)
令和3年7月27日に特別史跡三内丸山遺跡を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」は世界文化遺産に登録されました。
これを記念しシンポジウムが開催されました。

[収録:11月20日 ホテル青森]

■基調講演
 「青森県の構成資産とその価値〜三内丸山遺跡を中心に〜」
  岡田 康博(青森県世界文化遺産登録推進室専門監)

■取組事例の紹介
 「世界遺産登録後の「百舌鳥・古市古墳群」の取組 
  福田 英人 氏(大阪府藤井寺市教育委員会文化財調査員)

■パネルディスカッション
 「世界遺産登録から未来へ〜これからの三内丸山〜」

 <コーディネーター>
  岡田 康博(青森県世界文化遺産登録推進室専門監)

 <パネリスト>
  鈴木 地平 氏(文化庁文化資源活用課文化財調査官)
  斉藤 慶吏 氏(文化庁文化財第二課文化財調査官)
  福田 英人 氏(大阪府藤井寺市教育委員会文化財調査員)
  小笠原 雅行(三内丸山遺跡センター保存活用課長)
  小笠原 雅行 氏(三内丸山遺跡センター保存活用課長)




{{category 2021年12月}}